皆さま、塾を選ぶ時の判断基準ってどうしてますか? 集団塾? 個別指導塾? 予備校? 地域塾? 有名な塾でも自分の子どものタイプに合うのかしら? と思ってしまうこともあると思います。では、どうやって自分の子どもに合った塾を見つけて、しかも低価格で通わせて、成績を上げさせる、目標を叶えさせることができるのでしょうか。

塾の選び方

自分の子どもに合った塾の選び方

塾を選ぶ際にその授業形態は重要です。大きく分けて集団授業と個別授業がありますが、どちらが自分の子どもに合っているのかはなかなか難しいものです。まずは集団授業に向いている子どもについてお伝えしていき…

Read More

集団塾のメリット・デメリット

学校と並行して塾に通う場合、個人塾にするか集団塾にするか迷いますよね。その子の個性に合わせるのが一番良いのですが、今回は集団塾のメリットとデメリットを紹介します。まずは集団塾に通うメリットですが、…

Read More

個別指導塾のメリット・デメリット

個別指導のメリットとは

塾に通う場合には大きく分けて集団指導と個別指導があります。集団指導が講師が大人数の生徒に向けて一方的に授業をするスタイルであるのに対し、個別指導は講師が1人または数人の生徒を相手に直接指導を行うスタイルです。一度に相手にする生徒が少ないので講師も生徒の様子をよく把握でき、1人1人に合わせた指導を受けられるのがメリットと言えます。生徒それぞれの理解度合いにあわせて指導は進められるので、決められたカリキュラム通りに学んでいくのでなく、得意な分野をどんどん進めたり、逆に苦手な分野にじっくり取り組むことも可能です。教わっていて分からない点があればすぐに質問も出来るので、疑問点がそのままになってしまうこともありません。

個別指導のデメリットとは

逆に、個別指導を受けるデメリットと言えるのは何でしょうか。1人1人に合った指導を受けられるのはメリットですが、他の生徒と関わることがないのでそこから刺激を受けることが無い、とも言えます。集団指導であれば、他の生徒の意見や質問を聞いてそこから新たな発見をしたりライバルの存在に刺激を受ける事も大いにありえますが、個別指導を受けていてもそのような機会はほとんどないでしょう。じっくり自分と向き合いながら勉強を進めていきたい生徒には良いのですが、他人と競争することによってやる気が出るタイプの生徒だと、物足りなさを感じるかもしれません。良くも悪くもマイペースに勉強するしかないのが個別指導のデメリットと言えるでしょう。

目標達成させる方法

子どもたちが将来進みたい学校、なりたいものになるためには、子どもたちが無理なく「できること」を続けさせる必要があります。子どもたちの目標を達成させるためには、何を、どのようにさせる必要があるのか? 塾で行ってくれること、ご家庭でやらなければならないことを説明します。

目標達成のために塾がやってくれること

最近では、小学生のうちから塾に通わせているというご家庭も珍しくないのではないでしょうか?親が言うことは聞かないのに、塾の先生が言うことなら聞いてくれるということもあるかもしれません。いい高校や大学…

Read More

目標達成のためにご家庭で行うべきこと

目標を達成するには、塾と家庭学習それぞれのメリットを知ることが大事です。塾は学習状況が管理されており、わからないことも講師へ質問できます。疑問点をすぐその場で解消できるので、難しい問題も理解しやす…

Read More

将来的に身につく性質

勉強をする時に塾を利用される方も多いです。学校の勉強の方に高いお金を払って塾に行くわけですから、親御さんの中には、あまり塾に通わせるのをよく思わない方もいるでしょう。ただ、塾で身につくことは、学校…

Read More